latexのギリシャ語テキスト(しかもアクセント付き)の扱い

■(追記)こっちの記事のやり方のほうが良いと思う。

■latex の入力テキストとして、現在では当たり前のように utf-8 を使える。しかし、入力テキストにutf-8を使えるということと、latexの出力にそれを上手く反映させることはまた別の問題。
実際、アクセントのついたギリシャ語単語の表示なんかはまだ面倒、らしい。

■textgreek パッケージにより、\texalpha, \texbeta, \texgamma, …, \textchi などで個々の文字を入力することができるが、たとえばアクサングラーヴを\textomikron に施そうとしたら妙な方向にずれてしまってうまく行かない。

■仕方ないので、webページからその文字を直接取ってきて使った。というわけで、こんな感じのチグハグな処理をしている:

% !TEX TS-program = platex
% !TEX encoding = UTF-8 Unicode
\documentclass{jsarticle} 
\usepackage{minitoc}
\usepackage{textgreek}
\usepackage[utf8x]{inputenc}
\newcommand{\textgreek}[1]{\begingroup\fontencoding{LGR}\selectfont#1\endgroup}
\title{金について}
\date{}
\begin{document}
\maketitle
金(ギリシャ語では {\textchi}{\textrho}{\textupsilon}{\textsigma}\textgreek{ό}{\textvarsigma} と呼びます)は(1)希少な鉱物資源であり(2)加工が容易であり、特に伸展性に富む(3)美しい;といった性質により、世界中で珍重されています。
\end{document}

■結果がこうなれば成功:

■もっと簡単な方法があるのではないか感がある。

広告
コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。