optparse-generic

自分用メモ.

必要なことはすべて https://github.com/Gabriel439/Haskell-Optparse-Generic-Library から辿れるhttp://hackage.haskell.org/package/optparse-generic/docs/Options-Generic.htmlに載っている.

■optparse-genericとは何ですか?:コマンドライン引数を処理するライブラリの一つです.

■インストール:stack install optparse-generic

■サンプル:

{-# LANGUAGE DataKinds          #-}
{-# LANGUAGE DeriveGeneric      #-}
{-# LANGUAGE FlexibleInstances  #-}  -- One more extension.
{-# LANGUAGE OverloadedStrings  #-}
{-# LANGUAGE StandaloneDeriving #-}  -- To derive Show
{-# LANGUAGE TypeOperators      #-}

import Options.Generic --stack install optparse-generic

data OptionInput  w = OptionInput
  { foo :: w ::: Int           <?> "Documentation for the foo flag"
  , bar :: w ::: Double        <?> "Documentation for the bar flag"
  , baz :: w ::: String        <?> "Documentation for the baz flag"
  , qux :: w ::: Maybe String  <?> "Documentation for the qux flag"
  , quux :: w ::: Bool         <?> "Documentation for the quux flag"
  } deriving (Generic)

instance ParseRecord (OptionInput Wrapped)
deriving instance Show (OptionInput Unwrapped)

main = do
    x <- unwrapRecord "program short description"
    let i = foo x :: Int
    let d = bar x :: Double
    let s = baz x :: String
    let s' = qux x :: Maybe String
    let b = quux x :: Bool
    print (x :: OptionInput Unwrapped)

■サンプルのビルド:stack ghc optiontest.hs
必要に応じて,package.yaml で
dependencies:
– optparse-generic

■サンプルを動かす:optiontest.exe --foo 2 --bar 3.478 --baz "hoge" --qux "fuga"

広告
過去の投稿へ
コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。