WSLからevinceを使う方法

Windowsでevinceを使いたい人からの検索流入があるのでこの記事を書いた.
(MSYS2ではなく)WSLから $ evince と呼んで使えるようにする方法を書いておく.

■ step1. evinceのインストール
$ sudo apt install evince

インストール後に evince を起動しようとするとこうなる:
$ Unable to init server: Could not connect: Connection refused
Cannot parse arguments: Cannot open display:

いわゆるX環境が不足しているようだ.

■ step2. Xming X Server for Windows のインストール

X Server for Windows のページに書いてあるとおりにインストールすればよい.ダウンロードページに行きXming-*-setup.exe をダウンロードし,そのままダブルクリックして「Next」をどんどん選んで行けばインストールが完了する.

■ step3. WindowsからXmingを検索し,右クリックして「タスクバーにピン留め」しておく.
■ step4. X11を使うための設定
~/.bashrc に次のような行を加える:
export DISPLAY=localhost:0.0
変更を保存したら一度 WSLを終了する.

■ step5. evinceを使う.
$ evince myPDF.pdf & したときに「Unable to init server:」と言われたらタスクバー上のXmingをクリックしてからもう一度実行すればよい.evinceが立ち上がった場合,
(evince:18): GLib-GIO-CRITICAL **: 10:56:55.137: g_dbus_proxy_new_sync: assertion ‘G_IS_DBUS_CONNECTION (connection)’ failed
という警告が出てくるが,いまのところ無視している.

参考にした記事
俺の Bash on Windows10 環境

広告
コメントする

1件のコメント

  1. Windowsからevinceを使う | 萌えとかプログラミングとか

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。