LyXで日本語を使うようにする設定(Windows)

LyXというのは,texなど(latex, luatex, and so on)をWYSIWIGスタイルで扱うためのラッパーだと思ってください.Wordの数式エディタのような調子で編集し,しかもtexならではのシュッとしたPDFを生成できるというすぐれものです.

便利なのは良いのですが,数式の入った日本語文書を作ろうとすると,Windows版では「ただ動かす」だけでも多少の自明でない設定が必要となります.諸般の事情によりLyX環境を整備するのが二回目となるのでメモ代わりに記事とします.

前提:
1. texlive などのlatex環境がすでに整っている.
2. バイナリはここから取ってきてインストールが済んでいる.

■latexの設定
[ツール(T)] > [設定(P)…] で「出力」「LaTeX」を次のように設定する:
lyx設定出力LaTeX
設定したら[適用(A)] > [保存(S)] をクリックして設定を反映させる.

■言語の設定
日本語の文書を作成する場合は babel を off にする.
[ツール(T)] > [設定(P)…] で「言語設定」「言語」を選んで次のように設定する:
lyx設定言語設定-言語

■文書-文書クラスの設定
[文書(D)] > [設定(S)…] で「文書クラス」を選んで次のように設定する:
lyx文書の設定-文書クラス

■文書-言語の設定
[文書(D)] > [設定(S)…] で「言語」を選んで次のように設定する:
lyx文書の設定-言語New
設定したら「文書の既定値として保存」して[適用(A)]>[OK]する.

■文書-形式の設定
[文書(D)] > [設定(S)…] で「形式」を選んで次のように設定する:
lyx文書形式

設定したら「文書の既定値として保存」して[適用(A)]>[OK]する.

■変換子の設定
[ツール(T)] > [設定(P)…] で「ファイル処理」「変換子」を次のように設定する:

●LaTeX (luaTeX) -> PDF
lyx設定ファイル処理変換子LaTeX2PDF

設定したら[修正(M)]を押してから[適用(A)] > [保存(S)] をクリックして設定を反映させる.

●DVI -> PDF(dvipdfm)
lyx設定ファイル処理変換子DVI2PDF

設定したら[修正(M)]を押してから[適用(A)] > [保存(S)] をクリックして設定を反映させる.

●LaTeX(pLaTeX) -> DVI
lyx設定ファイル処理変換子Platex2DVI

設定したら[修正(M)]を押してから[適用(A)] > [保存(S)] をクリックして設定を反映させる.

■ファイル形式の設定
ここではビューワとしてtexworksを指定している.
lyx設定ファイル形式
設定したら[適用(A)] > [保存(S)] をクリックして設定を反映させる.

参考にしたサイト
TeX Wiki LyX/設定/Windows

■履歴
2018/10/24 初稿作成
2018/10/30 若干修正
2018/10/31 さらに修正
2018/11/03 さらに修正

広告