(linux)最近のファイルをlsしたい

色々な論文を ~/Downloads に入れているうちにこのディレクトリに多数のファイルが置かれるようになってしまいました。もちろん ls -c すれば日付順に並べてくれますが沢山あるのでずらーっとファイルが列挙されてしまいます。そこで ls -c | head すれば最初の十個だけ示してくれます。もう少し多く見たい場合、たとえば最近の20個のファイルを見たい場合は ls -c | head -20 だとか、結局は同じことですが ls -c | head --lines=20 とすればよろしい。

TeXworks設定メモ

一発で見つけられなかったのでメモしておきます。

latexsetting

(追記: 「texworks 日本語」でググるのが正解だったらしい → TeX wiki — TeXworks/設定/日本語環境用の設定 )

(windows) TeXworks のテンプレートの場所

TeXworksで用意されているテンプレートはpLaTeXを通らないので、自作のテンプレートを用意している方も多いでしょう。
そうして苦労して作ったテンプレートは

C:\Users\USERNAME\.texlive2013\texmf-config\texworks\templates

に置くと、TeXworks からテンプレートに基づいて文書を作成する際に参照しやすくていいですよ。

特定のパターンの出現数をカウントをする

テキスト全体で特定の文字やパターンが何回出現するのかコマンドラインから調べたくなりました。

sed でやるのかなと思ったけど grep -o が使えるみたいです。

$ echo "SSwSStSSSSoSS" | grep -o  'S' | wc -l
10

wc -l は与えられたテキストの行数をカウントするコマンドです。

もう少し大きなテキストで試してみましょう。次のような内容の alice.txt があるとします:

Alice was beginning to get very tired of sitting by her sister on the bank, and of having nothing to do: once or twice she had peeped into the book her sister was reading, but it had no pictures or conversations in it, `and what is the use of a book,’ thought Alice `without pictures or conversation?’

So she was considering in her own mind (as well as she could, for the hot day made her feel very sleepy and stupid), whether the pleasure of making a daisy-chain would be worth the trouble of getting up and picking the daisies, when suddenly a White Rabbit with pink eyes ran close by her.

There was nothing so very remarkable in that; nor did Alice think it so very much out of the way to hear the Rabbit say to itself, `Oh dear! Oh dear! I shall be late!’ (when she thought it over afterwards, it occurred to her that she ought to have wondered at this, but at the time it all seemed quite natural); but when the Rabbit actually took a watch out of its waistcoat-pocket, and looked at it, and then hurried on, Alice started to her feet, for it flashed across her mind that she had never before seen a rabbit with either a waistcoat-pocket, or a watch to take out of it, and burning with curiosity, she ran across the field after it, and fortunately was just in time to see it pop down a large rabbit-hole under the hedge.

In another moment down went Alice after it, never once considering how in the world she was to get out again.

このテキストに nk という並びが何回登場するかコマンドラインから数えてみます:

$ less alice.txt | grep -o 'nk' | wc -l
3

Haskell の入出力のバッファリング

参考にした記事: stackoverflow/ putStrLn doesn’t print to console

「すごいHaskell楽しく学ぼう!」を復習していて,入出力で詰まったのでメモ.この本の8.3(英語のWeb版だとこの辺)で,IOを用いた対話型のプログラムが扱われる.

main = do
	putStrLn "Hello, what's your name?"
	name <- getLine
	putStrLn ("Hey " ++ name ++ ", you rock!")

runghc したら一向にHello, what’s your name?と聞かれないので困ってしまった.どうやらバッファリングされてしまってるらしい.上に掲げたstackoverflowの記事で解決策を見つけた.

import System.IO

main = do
	hSetBuffering stdout LineBuffering
	putStrLn "Hello, what's your name?"
	name <- getLine
	putStrLn ("Hey " ++ name ++ ", you rock!")

このように修正しておくとちゃんと名前を聞いてくれる.

とりあえずメモしておく.

Haskell 2010 Language Report の FFIの章が日本語で読めます

すっかり忘れていましたが,Haskell 2010のFFI の章が日本語で読めるようになっています.
外部関数インターフェイス

山下伸夫先生,ありがとうございました.

初めまして!(or お久しぶりです) : 移転してきました

以前から

http://livedoor.blogcms.jp/blog/differential_engine/

でゆっくり記事を書いていたのですが数学的な記事を書くのが面倒で更新をサボるという悪循環になってしまったので心機一転してこちらで再スタートいたします…

なお,元のブログももう少しゆるい内容で継続する予定です.