(a)WSLをCドライブ以外の場所に置き,(b)homeも別の場所に置いて,(c)chmodも使えるようにする方法.(自分用メモ)

Windows 再インストールした結果としてWSL環境を作り直すことになった.せっかくなので次の(a)(b)(c)をやってみた:

(a) Cドライブ以外の場所にWSLを置き直すことにした.(Cドライブ以外の場所に置きたいのは,開発にともなってディスクの書き換えが頻繁に起こるからである).

(b) WSLのホームディレクトリをなるべく浅いところに置いた.(たとえばホームディレクトリ以下で生成したファイルなどを取り出す場合,ホームディレクトリがわかりやすい場所にあると楽だ.)

(c) chmod できるようにする.デフォルトではWSLではchmodが無視される.このことにより問題が起こる場合もあるのでここを改善する.

1. Fドライブ(でもなんでも)直下に WindowsSubsystemForLinux と WSLHOME というフォルダを作っておく.WindowsSubsystemForLinux にWSLが置かれる予定である.WSLHOMEが将来WSLのホームディレクトリになる.

2. WSLを入れる準備を行う.Power Shell を管理者権限で開き,次のように入力する:

PS C:\Users\Henrik> Enable-WindowsOptionalFeature -Online -FeatureName Microsoft-Windows-Subsystem-Linux

再起動を要求されるのでそれに従う.

3. Microsoft Storeを開き,linux で検索すると色々候補がでる.ここでは Ubuntu 18.04LTS を選んだ前提で話を進める.Ubuntu@WSL を初回起動し username/password を入れておく.以下では username = konrad とする.その後 exit して Ubuntu を終了する.

4. Power Shell を管理者として実行する.(しばらくPower Shell での作業が続く).
まずchocolatelyを入れる:

PS C:\Users\Henrik> Set-ExecutionPolicy Bypass -Scope Process -Force; iex ((New-Object System.Net.WebClient).DownloadString('https://chocolatey.org/install.ps1'))

次にlxrunofflineを入れる:

PS C:\Users\Henrik> choco install lxrunoffline

質問されたら y で答えてインストールを完了し exit する.

5. 再び Power Shell を管理者権限で起動する
念のためユーザ名を確認しておく:

PS C:\Users\Henrik> whoami
desktop\henrik

すなわちユーザ名は henrik であることが確認できた.(この「henrik」の箇所は各自読み替えてほしい).次にFドライブ直下のWindowsSubsystemForLinux フォルダに書き込み権限を与える:

PS C:\Users\Henrik> icacls F:\WindowsSubsystemForLinux /grant "henrik:(OI)(CI)(F)"
処理ファイル: F:\WindowsSubsystemForLinux
1 個のファイルが正常に処理されました。0 個のファイルを処理できませんでした
PS C:\Windows\system32>

次に

PS C:\Users\Henrik> lxrunoffline move -n Ubuntu-18.04 -d f:\WindowsSubsystemForLinux

する.確かに移動ができたことを確認しておく:

PS C:\Windows\system32> lxrunoffline get-dir -n Ubuntu-18.04
f:\WindowsSubsystemForLinux

以上でWSLがFドライブに置かれるようになった.

6. homeの移動.Ubuntu@WSL から

$ cd ~
$ cp -p .* /mnt/f/WSLHOME/

のようにして、「.bash_logout」、「.bashrc」、「.profile」などをなるべくそのまま(-p オプション)コピーしておく.

7. Ubuntu@WSL から
$ sudo vi /etc/passwd
して最後の方の行

konrad:x:1000:1000:"",,,:/home/konrad:/bin/bash

konrad:x:1000:1000:"",,,:/mnt/f/WSLHOME:/bin/bash

と変更し,:wqする.$ exitして一度WSLを終了する.

8. ふたたびWSLを起動して Ubuntu@WSL で

konrad@DESKTOP:~$ cd;pwd
/mnt/f/WSLHOME

となっていればよい.

9. chmod 対応.まず,/etc/wsl.conf というファイルを必要ならば作る:
$sudo touch /etc/wsl.conf
$sudo vim /etc/wsl.confのようにして編集する.
(case1)もし空ファイルだったら 

[automount]
options = "metadata"

のように書いて保存する.
(case2)もしすでに

[automount]
options = "foo"

という行があったら

[automount]
options = "metadata, foo"

のように修正し,保存する.

10. その他(git の設定)
改行コードを変更しないようにする.
$ git config --global core.autocrlf input

参考にした記事:
Can I move the linux subsystem to a different drive?
Bash on Windowsのホームディレクトリ変更
WSLからマウントしたWindowsのドライブでchmodしたい

広告
コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。